コロナ禍前、米国ノースカロライナ州ダラスに住む11歳の少女ウェンズデイ・リンチさんは、競技チアリーディングに夢中だった。

チームに所属し、側方宙返りや後方宙返りも上達した。

友達と遊んだり、自転車で近所を走ったりするのも大好きだった。

すべてが一変したのは2020年9月のことだった。

体育館でリモート授業を受けていたとき、 他の児童と密にならないようにしていたにもかかわらず、新型コロナウイルスに感染してしまったのだ。

母親のメリッサ・リンチさんは、「室内にいたある児童が、自分が感染しているとは知らずに参加していたのです」と振り返る。

まもなくウェンズデイさんは検査で陽性と判定された。

ウェンズデイさんには、倦怠感、血中酸素濃度の低下、嗅覚障害など、新型コロナ感染症の典型的な症状がいくつも現れた。

メリッサさんは自宅で娘を看病した。

数週間後、医師からは、通常の活動を再開させてよいと言われた。

だがもう10カ月もたつのに、ウェンズデイさんはまだ元の活動を再開できていない。

メリッサさんの言葉を借りると、数週間ごとに「病気の波」がきて、3日間から1週間は倦怠感で座っているのもやっとだといい、 動悸や頭痛が続くほか、発熱することもあるという。

最近では発作も起こした。

メリッサさんは娘をあちこちの病院に連れて行ったが、まったくの徒労に終わることもあった。

ある医師は、ウイルスがウェンズデイさんの心臓に損傷を与えたのではないかと考えたが、心臓専門医は何も異常はないと主張した。

ウェンズデイさんは現在、ノースカロライナ大学チャペルヒル校医学部の「新型コロナ回復クリニック」で診察を受けているが、治療はほとんど提供されていない。

「治療法がないというのはもどかしいですね。ある先生には、『皆が森の中で迷っているような状況です』と説明されました」とメリッサさんは言う。

医師たちは、大人の新型コロナ後遺症以上に、子どもの後遺症について戸惑い始めている。

「ロングコービッド(long COVID)」と呼ばれる新型コロナ後遺症は、感染からかなりの時間が経過しても残るさまざまな症状であり、 患者は疲労感、呼吸困難、動悸、頭痛、筋肉痛や関節痛、発熱、めまい、頭の中に霧がかかったようにぼうっとする「ブレインフォグ」などを訴える。

大人の場合と同様、子どもの新型コロナ後遺症は、感染して中等症以上になった場合だけでなく、軽症や無症状だった場合にも見られる。

ウェンズデイさんのように後遺症に苦しむ子どもの正確な数はわからない。

しかし、いくつかの小規模な研究から、相当な人数にのぼるのではないかと考えられている。

イタリア、ローマの研究者が、新型コロナ検査で陽性と判明してから30日以上経過した129人の子ども(平均年齢11歳)を追跡調査したところ、 その半数以上に少なくとも1つの症状が残っていた。

また、120日以上経過した子どものうち14人(全体の1割以上)が、3つ以上の症状に悩まされていた。

論文は4月9日付けで医学誌「Acta Paediatrica」に掲載された。

また、オーストラリアの研究者が新型コロナ陽性となった171人の幼児(中央値は3歳)を追跡調査したところ、 8%が2カ月後まで主に咳や疲労感などの後遺症の症状を示していたことがわかった。

ただしこの研究では、6カ月後までには全員が回復していた。

論文は4月20日付けで医学誌「The Lancet Child & Adolescent Health」に掲載された。

オランダの研究者が小児科のある国内の病院を対象に調査を行ったところ、57の病院で計89人の子どもに12週間以上続く新型コロナ後遺症が見られることがわかった。

論文は6月8日付けで医学誌「Pediatric Pulmonology」に掲載された。

著者の一人であるアムステルダム大学医療センターの小児呼吸器科医キャロライン・ブラッケル氏によると、 そのうちの36%で「強い倦怠感、集中力の低下、呼吸困難などにより、日常生活に深刻な制限を受ける」ほど重い症状が見られたという。

こうした問題を受け、英国の国民医療制度(NHS)は1億ポンド(約150億円)の予算を投じ、 全国に子どものための治療センターを設立するほか、新型コロナ後遺症の治療について小児科医に研修を行うと発表した。