2021年7月2日 15:12 去年の冬、しつけのため客から預かった犬を適切な環境で飼育しなかったため、凍傷で耳の一部が欠けたとして、愛知県蟹江町に住むペットホテルの経営者の男が逮捕されました。

 動物愛護法違反の疑いで逮捕されたのは、蟹江町に住むペットホテルの経営者の男(55)です。

 警察によりますと、男は、2020年11月から2021年1月にかけて、しつけのため客から預かった犬を、あま市内のペットホテルで飼育していましたが、適切な室温管理をしなかったため、犬の両耳の先を凍傷でかけたさせた疑いがもたれています。

 犬は体毛が短いため、寒さに弱いイタリアングレーハウンドという犬種でした。

 警察は捜査に支障があるとして男の認否を明らかにしていません。

警察は当時の飼育状況などを詳しく調べています。