お母さんの隣で、すやすやと眠る赤ちゃん。

その添い寝がきっかけで、小さな命が失われていました。

寝転がって授乳するいわゆる“添い乳”をしている時に、赤ちゃんが窒息死する事故が相次いでいることが、滋賀県が行った実態調査で明らかになりました。

わずか数分間で失われる命。

リスクを知っていれば、救うことができたかもしれません。

(大津放送局 記者 松本弦) 「私が殺してしまった」自分を責め続ける母親 「呼吸が止まった赤ちゃんが来ます」 滋賀県の救急病院の小児科部長、伊藤英介さん(45)のもとに、去年、1人の赤ちゃんが運ばれてきました。

心臓はすでに完全に止まっている状態。

蘇生措置を行いましたが、全く反応はありません。

赤ちゃんは亡くなりました。

一緒にいた母親は「授乳をしたまま寝てしまって、気付いたときには自分の体の下に赤ちゃんがいた」と話していました。

伊藤さんはその時の母親の様子を今でも忘れられないといいます。

続きはソース元にて