モデルナ製ワクチン 対象年齢外の18歳未満に誤接種 (みやぎ県) *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 県と仙台市は、仙台市内で行われている新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で、 対象年齢が18歳以上とされているモデルナのワクチンを、18歳未満の2人に 誤って接種していたと明らかにしました。

2人の健康状態に今のところ、異常はないということです。

県と仙台市の会見によりますと、1日、保護者からの連絡を受けて調べたところ、 市内の18歳未満の2人がモデルナのワクチンを接種されていたことが分かったということです。

モデルナのワクチンは18歳以上が対象となっていて、仙台市内の大規模接種会場では、 モデルナのみを使用していますが、仙台市の予約サイトでは、18歳未満でも 大規模接種会場の予約ができるようになっていたということです。

2人はともに今月23日から接種券の郵送が始まっている優先接種の対象者で、 会場での生年月日の確認なども不十分だったとしています。

2人の健康状態に今のところ、異常はないということです。

県保健福祉部の高橋達也副部長は、「県民に不安を与え、大変申し訳ありません」と謝罪したうえで、 会場での年齢確認を徹底し、再発防止に努めるとしています。

07/02 18:34