仙台七夕まつり(8月6~8日)を主催する仙台七夕まつり協賛会は2日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、今年は規模を縮小して開催する方針を決めた。

商店街に掲出する飾りを大幅に減らした上で、時間帯を午前10時~午後8時に2時間短縮。

宮城県外からの来訪自粛も呼び掛ける。

 仙台七夕は昨年、新型コロナの影響で戦後初めて中止された。

河北新報 2021年07月02日 16:36