(AP Photo/Lefteris Pitarakis) Tokyo Olympics should go ahead as there’s no ‘huge risk,’ World Athletics President says 以下日本語訳 東京五輪は「巨大なリスク」がないので実施すべきだと世界陸上競技連盟会長が発言 ロンドン – 世界陸上競技連盟の会長であり、国際オリンピック委員会のメンバーでもあるセバスチャン・コー氏は、「東京オリンピックは、健康上の大きなリスクがないため、開催されるべきだ」と述べています。

“コー氏は1日、CNBCのインタビューに応じ、「オリンピックは開催されるだろうし、開催すべきだ」と語った。

日本をはじめとする多くの国で新型コロナの感染者が増え続けている中、今夏の東京オリンピックに参加するため、約1万500人の選手が日本への渡航を準備しています。

日本の成仁天皇は先週、試合中にウイルスが広がる可能性について懸念を示しました。

“ガーディアン紙によると、宮内庁の西村泰彦長官は記者会見で、「天皇は、コロナウイルス感染の現状を非常に心配している」と述べた。

“国民の心配を考えると、イベントによって感染症が拡大しないかどうかを心配しているようだ」と西村氏は付け加えた。

しかし、コー氏は、「これに大きなリスクが伴うとは思えない」と述べ、「過去40年、50年の間に、重要な資産、私たちの場合はアスリート、そして決定的に重要なのは、イベントを開催する地域社会の保護について、これほどまでに熟考されたイベントはなかった」と付け加えました。

  中距離走でイギリス代表として4つの金メダルを獲得した元オリンピック選手は、大会が開催されても、選手たちにとってはいつも通りの生活ではないことを認めています。

“カラオケに行ったり、皇居に行ったりすることはないでしょう」と語った。

“不幸にして、東京に到着した後に何らかの理由で陽性反応が出た選手がいたとしたら(上陸前と上陸時に検査が行われるので)、それをコントロールするという意味では、ほとんど野戦病院のような状態になってしまいます」と述べています。

コー氏は、アスリートの約70%がキャリアの中で一度しかオリンピックに出場できないと語り、今の自分にとっては感慨深い統計であると付け加えました。

  彼は、世界陸上が昨年、何百ものイベントと2つの世界選手権を開催したことを強調し、”我々のイベントの中で、超拡散したものは一つもない “と述べました。

日本では、これまでに80万人以上のコロナウイルス感染者と、1万4750人の死亡者が報告されています。

水曜日には、東京での新規感染者数が714人となり、1ヶ月以上ぶりの高い数値を記録しました。

ユーロ2020とコヴィドの症例 これは、世界保健機関(WHO)が木曜日に、延期されたサッカートーナメント「ユーロ2020」が、現在のヨーロッパでのコロナウイルス感染の増加を促進していると発表したことによるものです。

WHOは、大陸全体で10週間続いたコロナウイルスの新規感染者数の減少が終息し、サッカーファンなどが油断すると新たな感染者の増加が避けられないとしています。

WHOによると、ユーロ2020開催都市では、旅行や社会的規制の緩和に伴う混雑により、先週、新規感染者数が10%増加したとのことです。

  “WHOのシニア・エマージェンシー・オフィサーであるキャサリン・スモールウッド氏は、記者団に対し、「我々は、スタジアムだけでなく、人々がどのように行動しているかを見極める必要がある」と述べました。

“人々がどのようにしてスタジアムに向かっているのか、混雑したバスで移動しているのか、スタジアムを離れるときにはどうしているのか、といったことを考える必要があります。

また、スタジアムを後にした人々は、混雑したバーやパブで試合を観戦しているのでしょうか」と付け加えました。

“このような小さな連続したイベントがウイルスの拡散を促進しているのです」とSmallwood氏は述べています。

情報開示について CNBCの親会社であるNBCUniversalは、NBCスポーツとNBCオリンピックを所有しています。

NBC Olympicsは、2032年までのすべての夏季および冬季オリンピックの米国での放送権を保有しています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。