世界保健機関(WHO)のハンス・​クルーゲ欧州地域事務局長は1日、欧州での新型コロナウイルスの感染状況について、 約2カ月にわたり減少傾向にあったがこの1週間で感染者数が約10%増加したとし、新たな感染拡大のリスクが高まっていると警告した。

クルーゲ氏は新型ウイルスのワクチン展開が停滞していることや、新たな変異株、 社会的交流の増加などにより、新たな感染拡大のリスクが高まっていると指摘した。

また、サッカー2020年欧州選手権(ユーロ2020)が「スーパー・スプレッダー」になり得る危険性もあるとした。

ユーロ2020をめぐっては英スコットランドで先月、試合観戦やイベント参加を1回以上した人のうち1991人の感染が確認された。

ロンドンやロシア・サンクトペテルブルクから帰国した数百人がウイルス検査で陽性となった。

WHOで緊急対応を担当するキャサリン・スモールウッド氏は、試合の開催都市に対し、ファンの移動を監視するためのさらなる対策を求めた。

スモールウッド氏は「我々が注意しなければならないのはスタジアム周辺だ」とし、「試合後に何が起きているのか。 観客が混雑したバーやパブに行っているのかどうか」を注視するために、試合前後の移動の監視が重要だと言及した。

ロシアではこの3日間で記録的な死者数が確認されている。

1日だけで672人が死亡し、2万3543人が感染した。

首都モスクワでの新規感染者のほとんどはデルタ株に感染しており、保健当局は欧州で新たに特定された変異株「​デルタ・プラス」も確認されているとしている。

ユーロ2020の開催地であるサンクトペテルブルクでは、準々決勝(スイス対スペイン)前夜の1日、過去24時間に死亡した人の数が115人となった。

フィンランド保健当局は6月21日にサンクトペテルブルクから帰国したファンのうち約400人の感染が確認されたことを受け、ロシアへの渡航を控えるよう呼びかけた。

欧州サッカー連盟(UEFA)はドイツのホルスト・ゼーホーファー内相に「無責任」との烙印(らくいん)を押された。

ゼーホーファー氏は、サポーター同士がハグをするなどしたことがウイルスの拡散につながったのは明らかだと指摘。

特に、準決勝と決勝でブダペストとロンドンのスタジアムに約6万人のサポーターを入れたことを批判した。

「なぜUEFAが分別のある対応をしないのか、私には説明できない。(中略) )私は、商業主義のせいではないかと思っている」と、ゼーホーファー氏は記者団に述べた。

UEFA側は、スタジアムへのファンの動員数を決めるのは「管轄している地元当局の責任」だと主張している。

スコットランド公衆衛生庁(PHS)は6月30日、同18日に開催されたスコットランド対イングランド戦のため、ロンドンに移動した人のうち1294人が感染していたと発表した。

また、そのうちの397人は試合が行われたロンドンのウェンブリー・スタジアムの中で、試合を観戦していた。

ユーロ2020の試合を前に、ロンドンのレスター・​スクエアにはスコットランドのファン数千人が集った ロシアから帰国したフィンランド人ファン数百人が感染していた