無理心中図って娘を殺害か 父親を殺人罪で起訴 (なら県) ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を ことし2月、川上村のダム湖で、無理心中を図ろうとして障害のある10歳の娘を殺害したとして、 36歳の父親が殺人の罪で起訴されました。

起訴されたのは、宇陀市の調理師、徳谷和彦被告(36)です。

起訴状などによりますと、徳谷被告は、ことし2月、障害のある10歳の娘を抱きかかえて 川上村のダム湖に入り、水を飲ませるなどして窒息させ殺害したとして、 殺人の罪に問われています。

徳谷被告は、警察の調べに対し、「長女の障害を受け入れられず、長女がいなくなれば、 妻の負担が軽くなると考え、一緒に死のうとした」などと供述していたということです。

奈良地方検察庁は、当時の精神状態を調べるため、およそ3か月間の鑑定留置を行った結果、 刑事責任を問えると判断し、2日、起訴しました。

07/02 14:01