2日午前、北海道南部の福島町で、1日から行方がわからなくなっていた70代の女性とみられる 遺体の一部が見つかりました。

見つかったのは下腿部だけで、上半身などはなく、 警察はクマに襲われた可能性があるとみて身元の確認などをすすめています。

警察によりますと、現場は福島町白符の畑の近くの山林で、下腿部が残されていたほか、 服が散在していました。

近くの畑では、1日午前8時ごろから福島町日向の70代女性が作業していた はずですが、2日朝になっても家に戻らなかったため、女性の夫が警察に通報していました。

付近には、クマのものとみられる大量の糞も見つかっています。