2日午後に予定されていた小池都知事の定例会見が中止となった。

中止の理由について、「安静が必要なため」としている。

小池知事は、過度の疲労のため、医師の判断で6月22日に入院、6月30日に退院し、7月1日からリモートで公務に復帰、かすれた声でモニタリング会議に参加していた。

東京都・小池知事「ご迷惑をおかけしました。本当に、申し訳ございません。ここは、あらためて総力戦で戦い抜いていこうではありませんか」 小池都知事の会見は、2日午後2時から予定されていたが、「安静が必要のため」として、中止になった。

体調を理由とした中止は、極めて異例のこと。

FNN