給与不正受給 50代男性警部と40代女性職員2人懲戒免職 (かがわ県) *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 県内の警察署に勤務していた50代の男性警察官と40代の女性職員が 実際には勤務していない休日に勤務していたように装い、不正に給与を得ていたとして 県警察本部はきょう、2人を懲戒免職の処分としました。

懲戒免職処分を受けたのは▼県内の警察署勤務の50代の男性警部と ▼県警察本部に勤務の40代の女性係長です。

警察によりますと、男性警部は去年5月からことし2月までの間、当時、同じ警察署に勤務し、 警察官の給与の管理などを担当していた部下の女性係長に、実際には勤務をしていない休日に 勤務したという虚偽のデータを複数回入力させ、合わせて9万円余りを不正に受給したということです。

また、女性係長も同様の不正な勤務処理を行い、1万円余りを不正に受給したということです。

2人は調べに対し「忙しい思いをしているから少しくらい余分に手当てをもらっても かまわないだろうと考えた」などと話し、全額返還する意思を示しているということです。

県警察本部は1日、詐欺などの疑いで2人を書類送検するとともに懲戒免職の処分としました。

県警察本部は「警察職員にあるまじき悪質な犯罪行為で、県民の警察への信頼を 裏切ったことに対し深くお詫び申し上げる。今後、再発防止に努めるとともに 県民からの信頼回復に努めたい」としています。

07/01 17:07