オリンピックボランティアへのワクチン接種を巡り、丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣が1回目の接種で「一次的な免疫をつけて頂く」と発言しました。

自民党内からも「理解されない」と批判が上がっています。

 オリンピック開幕まであと23日となるなか、30日から約7万人いる大会ボランティアへの1回目のワクチン接種が始まりました。

 接種されるワクチンはモデルナ社製のため、2回目の接種は早くても4週間後の来月31日からとなります。

モデルナ社製のワクチン、十分な効果が得られるのは2回目を接種してから14日目以降、つまりオリンピック開催の後ということになります。

 これについて丸川大臣は…。

 丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣:「1回目の接種で、まず一次的な免疫をつけて頂くということ」  「一次的な免疫」という聞きなれない言葉…。

 丸川大臣を巡っては、競技会場での酒類提供に関して「ステークホルダーの存在がある」と発言し物議を醸すなど不安定な発言が続いています。

(略)