小泉進次郎環境相(40)の〝ある発言〟が物議を醸している。

進次郎氏は先月29日の会見で、横須賀市長選で自身が支援した候補者が当選したことを問われ、地元でのエピソードを披露。

その中で、同市の労働組合幹部から次のような言葉を掛けられたと明かした。

「小泉さんとは国政では水と油かもしれないが、水と油も混ぜればドレッシングになる」 当然のことながら、水と油を混ぜてもドレッシングにはならない。

それを言うなら、せめて「油と酢」だろう。

ドヤ顔で話す進次郎氏にネット上は大盛り上がり。

「まず考えよう」「頭悪いのか」「またポエム!?」など散々な言われようだ。

進次郎氏と言えば、数々の抽象的かつ摩訶不思議な発言で「ポエマー」呼ばわりされてきた。

今年5月、虫垂炎の緊急手術から公務に復帰した際には、リモートワークについての質問が飛び、以下の答え。

「退院後、リモートワークができてるおかげで、公務もリモートでできるものができたというのは、リモートワークのおかげですから、 それも非常に良かったことだと思ってます」 4月にもニュース番組で政府が温暖化ガスの削減目標を2013年比で46%減に決めた理由について聞かれ 「おぼろげながら浮かんでるんです。46という数字が」と、新世界の君主ばりの回答を炸裂させた。

今回はあくまで同幹部による発言を進次郎氏が引用し〝事故って〟しまったものだが、将来の首相候補から すっかりネタキャラに変貌してしまった感は否めない。

年内の衆院選では自身の選挙区のほか、他候補の応援演説にも駆り出されるとみられるが、果たしてどんな話が飛び出すか。