新型コロナウイルスの感染再拡大が続く東京都で、飲食店での「酒類提供の禁止」が再び焦点となっている。

緊急事態宣言が解除された先月21日以降は午後7時までの酒類提供が解禁され、繁華街での人出が増加。

政府と都は危機感を強めており、専門家の意見も聞いたうえで判断する方針だ。

 「酒類の提供が可能な午後7時までの繁華街の滞留人口だけでなく、感染リスクがより高い深夜帯の滞留人口も急増している」  1日に開かれた都のモニタリング会議。

東京都医学総合研究所の西田淳志・社会健康医学研究センター長はそう危機感を示した。

 人出の増加はデータからも明らかだ。

NTTドコモの携帯電話の位置情報から滞在人口を推定する統計データをもとに、6月28~30日の午後5時から日付が変わるまでの都内の繁華街6カ所の人出を、緊急事態宣言が解除される前の同じ曜日にあたる同月14~16日と比較。

6カ所すべてで増えており、JR新橋駅東側の「コリドー街」と呼ばれる飲食店街を含む銀座の周辺で、増加率19%と最も高かった。

ついでJR上野駅近くが11%、JR池袋駅西口が10%増えた。

渋谷のセンター街は7%増、歌舞伎町と六本木交差点はいずれも6%増だった。

 感染の急所とされる飲食に関…(以下有料版で,残り881文字) 朝日新聞 2021年7月1日 21時54分