最高気温記録を更新した太平洋岸北西部、地表面温度が63℃に到達 2021.07.01 22:00 author Brian Kahn – Gizmodo US [原文] 今週、太平洋岸北西部の地表面温度は別次元に達していました 太平洋岸北西部が記録的な熱波に見舞われて連日の気温はひどいものでしたが、地表面温度も次元の違う数値を叩き出していたのです。

欧州宇宙機関の衛星Sentinel-3から届いた新しい衛星画像は、米国ワシントン州ワナッチーの地表面温度が63℃に達したと示すものでした。

太平洋岸北西部は記録的なヒートドームのせいで、数日間にわたって灼熱地獄になっていました。

その結果、数十年間破られていなかった記録を含め、最高気温が日々更新されていったのです。

ここでの気温というのは、気象観測装置の高さで測定した空気の温度に基づくもの。

アメリカ国立気象局の観測ネットワークにある同装置の多くは、正確な測定値を得るため地上1.3~1.8メートル、また可能な限りコンクリートから遠ざけて配置されています。

特定の場所の長期的な記録には間違いなく役立ちますし、そのような気象観測装置からのデータは、世界の温暖化の進み具合についての決定的な証拠にもなります。

「空気オタク」の皆さんが作り上げた空気清浄機です 「空気オタク」の皆さんが作り上げた空気清浄機です Sponsored by ダイキン工業株式会社 Advertisement その一方で衛星が提供するのは、猛暑を理解するための異なる知識です。

Sentinel-3衛星には、地球の地表面温度のあらゆる画像を取得できる陸面・海面温度放射計が搭載されています。

このセンサーは先月初めにシベリアの猛暑を明らかにしたのと同じもので、太平洋岸北西部の熱波にまったく新しい視点をもたらします。

大気中の熱は消散されますが、地面はひとたび温度が上がると、熱を保持して長くにわたって蓄積することも。

コンクリートの多い場所は特にそうで、だから暑い日には歩道で卵を焼けるわけですが、気温を利用して真空調理を試みたところで何の解決にもなりません。

太平洋岸北西部の大都市はカスケード山脈の西側に位置しています。

トップの地図を見ると、シアトル、ビクトリアにバンクーバーの建物が密集した都市圏は周りの地域よりも明らかに暑くなっています。

カスケード山脈も山地は涼しく谷間は暑くなっているのが見て取れます。

山脈の東側では、気温と地表面温度が上がっています。

この地域は空気の温度に対して緩和効果の役割を果たす太平洋から分断されているのです。

ブリティッシュコロンビア州内陸部にある小さな村のリットンは月曜、カナダの観測史上最高気温を更新しました(日曜に打ち立てられたばかり記録を破っています)。

しかし、100キロメートルほど北東にあるさらに小さい村カムループスでは、地表面温度がさらに高かった模様。

人口およそ9万人の村はリットンよりも人口が多く、コンクリートの多さもあって地表面温度が高くなったのでした。

Sentinel-3衛星のデータはそこでは56℃に達したと示しています。

ワシントン州内部では、同じようなパターンがさらに極端な地表面温度で展開されました。

63℃を観測した前述のワナッチーを含め、同州の大部分が55℃かそれ以上に達していたのです。

このような極端に暑い気候は何も真新しいことではないですし、実害を引き起こしかねません。

北西部では道路が歪んでしまい、さらに大きな公衆衛生のリスクももたらしています。

先月の初め、アリゾナ火傷センターの医師たちは、路面での熱傷の危険性を詳説した「炎の街路」と題したレポートを公開。

調査結果は、昨年センターに来院した104件の猛暑による熱傷の記録を説明しています。

患者のほとんどが60歳以上で、転倒は数多くの路面での熱傷の原因となっていました。

これらのケガは絆創膏を貼り付ければ診察は終わりというようなものではなく、患者は回復のために平均して2回の手術と2週間の入院を必要としたのです。

このレポートは気候危機が私たちの歩く地面でさえも脅威へと変えてしまうと示していますが、夏本番を前にして既に最高気温を更新してしまった今年は、一層の注意が必要になりそうです。

関連 牛乳の低温殺菌