日本郵便は1日、東京五輪の公道での聖火リレーに伴う交通規制の影響で、東京、茨城、埼玉の3都県の対象期間で郵便物・ゆうパックの配達に最大で半日から1日程度遅延すると発表した。

日本郵政グループは五輪と聖火リレーのスポンサーでもあり、SNSでは「公共サービスより五輪。ほんと呆れる」など憤る声が寄せられた。

 ツイッターでは「優先順位が違うぞ! 人生を左右する配達物もあるだろう。それも遅れるのか?」「もう無茶苦茶。五輪に関する物や事は全て特別扱いで最優先らしいわ。そんなんで君たちはいいのかい?」「マンボウしてるのに、(聖火リレーは)公道走るってどういう事。頭冷やして出直してこい」などのコメントがあふれた。

 今回の郵便遅延以外にも「もうすでに交通規制凄いんですから」「『オリンピックにおける首都圏の交通規制で運送業に遅延が起こります』って連絡が来たんだけど、ほんと、迷惑だなこれ」など、ここ数日ツイッター上では、切実な声が集まっている。

7/1(木) 22:48 中日スポーツ