知人の20代の女性に、暴行や脅迫を加えたうえで、インターネットカフェやアパートに監禁したとして、札幌の26歳の女と、24歳の男2人が逮捕されました。

 逮捕されたのは、札幌市西区の無職、松浦里穂(まつうら・りほ)容疑者26歳、運転手の脇山誠志(わきやま・まさし)容疑者24歳、無職の杉山裕紀(すぎやま・ゆうき)容疑者24歳です。

 3人は、4月26日から27日にかけて、知人の20代女性に暴行を加え、札幌市東区のインターネットカフェや、3人が住む西区のアパートに監禁した疑いが持たれています。

 警察によりますと、松浦容疑者ら3人は4月26日の午前8時半ごろ、女性が「うそをついている」などと言って、インターネットカフェのカラオケスペースで殴る蹴るの暴行を加え、「このまま帰す気はないから」と脅して午後7時半ごろまで監禁。

 その後、女性を車にのせてアパートに連れて行き、翌日の午後4時半ごろまで監禁したとみられています。

 警察の調べに対し、松浦容疑者は「意味はわかりました。大体間違いないです」と容疑を認めているということですが、脇山容疑者と杉山容疑者は、容疑を否認しています。

 3人は、この女性を、5月から6月にかけて無理やり性風俗店で働かせた強要の疑いでも逮捕されていました。

 女性は監禁後も、このアパートで松浦容疑者らと暮らしていて、警察は、今回の監禁事件が強要につながったとみて調べを進めています。

7月1日(木)午前8時15分配信 北海道放送(株)