鹿児島市で1日、走行中のバスの車内で、運転手におもちゃの拳銃を突きつけ脅すなどした疑いで51歳の男が逮捕されました。

強要未遂の疑いで逮捕されたのは、鹿児島市坂之上の無職・神川忠容疑者(51)です。

鹿児島南警察署によりますと、神川容疑者は1日午前7時すぎから午前8時ごろまでの間に、鹿児島市内を走行中のバスの車内で40代の男性運転手に対しておもちゃの拳銃を突きつけて脅迫し、「車を速く走らせろよ。こっちの車線空いてるじゃん」などと対向車線を走行するよう指示した強要未遂の疑いがもたれています。

目撃した乗客から「男がバスの車内で運転手にモデルガンのようなものを突き付けている」と110番通報があり、警察官が駆け付けましたが、男性運転手が拳銃がおもちゃであることに気づき、指示に応じなかったことで、神川容疑者はバス停で降りてすでに立ち去っていたということです。

その後、ドライブレコーダーや聞き込みなどから神川容疑者を特定したということです。

運転手や乗客にけがはありませんでした。

取り調べに対し、神川容疑者は「急いで目的地に行きたかった」などと供述し、容疑を認めているということです。

警察で詳しい経緯を調べています。

MBC南日本放送 | 鹿児島 7/1(木) 22:20