世界保健機関(WHO)は1日、2か月以上減少を続けていた欧州の新型コロナウイルス感染者数が増加に転じたと発表した。

「自制心を維持しない限り」新たな流行の波が訪れるだろうと警告した。

WHO欧州地域事務局のハンス・クルーゲ(Hans Kluge)事務局長は記者会見で「先週は感染者数が10%増加した。 人々の交流や旅行、集会、社会的制約の緩和などが原因だ」と指摘した。

またワクチン接種率についてクルーゲ氏は、社会全体が安全になるレベルには程遠いと指摘。

WHO欧州地域の国々のワクチン接種率は平均24%で、高齢者の5割と医療従事者の4割の接種が済んでいないとして、 「これは容認できない。成人の8割接種という推奨率にはるかに及ばない」と述べた。

英ロンドンのスタジアムで、サッカー欧州選手権の試合中に応援するファン(2021年6月29日撮影、資料写真)