鹿児島県は1日、県内旅行への支援事業を5日から再開すると発表した。

国の需要喚起策「Go To トラベル」の鹿児島県版といえる事業で、新型コロナウイルスの感染拡大で5月から一時停止していた。

県がコロナへの警戒基準を1日からステージ2に引き下げたことに伴い再開する。

コロナ禍で落ち込んだ旅行需要の回復につなげ、観光事業者を支援する。

再開するのは「今こそ鹿児島の旅(第2弾)」。

県民を対象に旅行会社が販売する県内での宿泊を伴う商品に、1人1泊当たり旅行代金の50%(上限5000円)を助成するほか、利用した人に土産の購入などに使える2000円分のクーポンを付与する。

国はGo To トラベルを再開するまで、都道府県が手掛ける域内観光への支援に補助する。

九州では鹿児島県のほか、宮崎県などが補助対象になっている。

2021年7月1日 20:13 日本経済新聞