2021/07/01 20:36  東京都の小池百合子知事は1日、都庁で開かれた新型コロナウイルスのモニタリング(監視)会議に自宅からリモートで出席し、9日ぶりに公務に復帰した。

 小池知事は過度の疲労を理由に6月22日から都内の病院で静養。

30日に退院したが、医師の判断で当面は在宅で公務に当たることにしている。

 会議の最後に発言した小池知事は「体調を徐々に取り戻している」などと報告。

コロナ禍を「総力戦で闘い抜こう」と訴え、改めて人出の抑制や感染対策の徹底を求めた。