東京オリンピック・パラリンピックに出場する選手が、新型コロナウイルスの濃厚接触者に認定された場合の対応について、政府の担当者は、14日間の隔離期間中でも、大会に出場できる方向で調整していることを明らかにしました。

立憲民主党・白議員 「濃厚接触者の方は、試合には出られるんですか、出られないんですか」 内閣官房の担当者 「本来であれば濃厚接触になれば、検査で陰性でも14日間自宅待機等の制限がかかるのが日本国内のルールです。しかしながら、オリンピックにおいては、やはり4年に1度の大会であり、選手が一生懸命努力を重ねてようやく東京大会にこられた方々。そういった方々を、濃厚接触したということで14日間隔離してしまうと、試合に出ることができなくなるという状況もあり、今の場合、ご質問の点については、今まさに関係者の間で何ができるのか、選手のためにそういったことを調整を行っているところです」 元パラリンピック選手 立憲民主党・横沢議員 「日本国内だけの問題じゃなくて、世界中のアスリートが注視している問題だと思いますので、選手の中でかなり混乱すると思いますし、仮に出られるとかといって、そこで感染が広がったら、アスリートが逆に批判されてしまいますし、早急に結果を出していただきたい」 これに対し、内閣官房の担当者は「どんな条件であれば感染が広がらず選手が出場できるか、なかなか難しいが、関係者で検討している。早急に結論を出すべきと承知している」と述べました。