かけ放題悪用 通話料支払い免れ30億不正利益か15人逮捕 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 東京の通信事業者が携帯電話のかけ放題のプランの規約に違反した方法で、 大量の電話を自社の固定電話などにかけ続け、本来負担すべき通話料の支払いを 免れたとして実質的経営者ら15人が愛知県警に逮捕されました。

携帯電話の会社から固定電話の会社に通話時間に応じて支払われる「アクセスチャージ」と呼ばれる 回線使用料を不正に得る目的だったとみられ、警察は少なくとも30億円の利益を 不正に得ていたとみて全容解明を進めています。

逮捕されたのは東京・新宿区の通信事業者「BIS」の実質的経営者、 渡部雅史容疑者(42)などあわせて15人です。

捜査関係者によりますと渡部容疑者らは「NTTドコモ」のかけ放題のプランの規約に違反した方法で、 大量の電話を自社の固定電話などにかけ続け、本来負担すべき通話料 およそ570万円の支払いを免れた組織的詐欺などの疑いが持たれています。

携帯電話や固定電話の会社の間では電話をかけた側から受けた側に、通話時間に応じて 「アクセスチャージ」と呼ばれる回線使用料が支払われることになっていますが 渡部容疑者らはこの仕組みを悪用し、数百回線のかけ放題のプランを契約して 自社の固定電話などに大量の電話をかけ続け、「NTTドコモ」に 多額の回線使用料を支払わせていたということです。

さらに固定電話の会社からその一部を還元させて、不正な利益をえていたとみられるということです。

一度に多数の携帯電話の回線を使って電話をかけることができる装置が使われていたということで、 警察は不正に得た利益は少なくとも30億円にのぼるとみて全容解明を進めています。

07/01 12:37