藤沢市内の路上で6月30日夜、女性に暴行しケガをさせバナナと靴下の入った紙袋を奪ったとして、 大和市に住む30歳の警備員の男が県警に逮捕されました。

強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、大和市に住む警備員の小島顕弘容疑者です。

県警によりますと小島容疑者は30日午後7時半頃、藤沢市内の路上で近くに住む31歳の女性に 髪をつかむなどの暴行を加え、「金を出せ、殺すぞ」などと言って脅し、およそ300円相当の バナナと靴下が入った紙袋を奪った疑いが持たれています。

女性は両ひじをすりむくケガをしました。

小島容疑者はその場から逃げていましたが、大和市内で警察官が見つけて職務質問し、 午後9時半頃に緊急逮捕したということです。

県警の調べに対し小島容疑者は「私のやったことに間違いありません」と話し容疑を認めているということです。

藤沢市と大和市では昨夜、似た手口の強盗や強制わいせつなどがほかに3件起きていたということで、 県警は関連についても調べています。