日本一暑いまちとして知られる熊谷市は、本年度から新たな暑さ対策事業に取り組んでいる。

本年度はこれまで暑さ対策事業を実施していなかった世代にも涼を与え、幅広く暑さ対策を実施。

1、2歳児に「ベビー用保冷シート」、小学1~3年生には、例文全てに「うんこ」という言葉を使って人気を集めた「うんこドリル」とコラボした「うんこ熱中症ドリル」を配布。

外国人にも「熱中症予防啓発うちわ」を配布し、熱中症対策を呼び掛けていく。

つづきはソースにて