女子大学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁は早稲田大学社会科学部助教の丸山隼人容疑者(39) =東京都台東区池之端4丁目=を強制わいせつの疑いで逮捕し、1日発表した。

「会いはしたが、そのような行為はしていない」と容疑を否認しているという。

学生は丸山容疑者が 非常勤講師を務めていた別の大学の教え子だった。

目白署によると、逮捕容疑は5月7日夕~夜、東京都豊島区の居酒屋で学生のひざや胸を触ったほか、 近くの路上で抱きついたり顔をなめたりしたというもの。

学生が「やめてください」と繰り返しても行為を続けた疑いがあるという。

学生が警視庁に相談した。

丸山容疑者は当時、学生が履修していた授業の担当教員だった。

「起業の相談を受ける」と学生を個別に食事に誘ったという。

早稲田大学は「事実とすれば大変残念な話。厳正に対応していきたい」としている。