インドで見つかった変異株(デルタ株)が米国での新型コロナウイルスの感染件数の4分の1以上を占めるなか、 米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は1日までに、大部分の人がワクチンを接種したところと ワクチン接種率が低くて感染が急拡大する可能性のあるところの「2つの米国」がすぐにでも生まれるかもしれないと警告した。

ファウチ所長はCNNの取材に対し、ワクチン接種率が高いところと低いところの差が激しいことについて 「非常に懸念している」と述べた。

ファウチ所長は、ワクチンの接種率が低いところに感染しやすい変異株が重なれば、 州や市、郡などで個々の感染件数の急増が起こることになり、「まるで2つの米国のようになる」と語った。

しかし、ファウチ所長は、新型コロナウイルス感染症はワクチンによって、全体的に回避や予防が可能だとも指摘した。