大阪 泉佐野市で東京オリンピックの事前合宿を行うために来日したアフリカのウガンダ選手団のうち、先月、成田空港で陽性が確認された1人が、国の定める療養解除基準を満たしたとして、1日未明、泉佐野市のホテルに到着しました。

ウガンダの選手団9人は先月19日に成田空港に到着しましたが、このうち1人が新型コロナに感染していることが確認され、国が指定する施設で療養を続けてきました。

その後「無症状の状態で陽性を確認した検体の採取日から10日間が経過した」という国の定める療養解除基準を満たしたことから30日、入国が認められました。

このあと、貸し切りバスで移動し、1日午前2時前に選手団が宿泊する泉佐野市内のホテルに到着しました。

ウガンダ選手団は先月、空港で陽性が確認された1人を除く8人が泉佐野市に移動したあと、20代の選手1人の陽性が確認され、ほかの7人も濃厚接触者に認定されていて今月6日までホテルでの待機を求められています。

このため、1日に到着した団員は、ほかの選手たちとの接触を避けるため、別のフロアの部屋で待機しているということです。

市は国や大阪府と連携しながら、PCR検査を行うなどの対応を続けるということです。

練習開始の時期については保健所などと相談して決めたいとしています。