「もしこれで有罪になってしまうと大変なことになります」 通称赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)の運営でも全国的に知られる慈恵病院(熊本市西区)の蓮田健院長(産婦人科医)が、とある裁判後の会見で強い危機感を示した。

慈恵病院では24時間のSOS相談事業などを通じて毎年6~7000件の妊娠・出産相談を受けており、相談は全国の女性やその関係者から寄せられるという。

「今回の判決は無罪でないと困ります」 「(有罪判決が逆に)犯罪を誘発してしまう可能性を心配しています」 「今回有罪になったら、私たちも(電話相談などの)対応をガラッと変えないといけないので」 会見でのこうした言葉とともに、蓮田院長が大きな懸念を示したその裁判を、私も傍聴していた。

2021年6月21日月曜日。

13時半からベトナム人技能実習生のレー・ティ・トゥイ・リンさんを被告人とする刑事裁判の第一回公判が開かれた。

場所は、熊本地裁の101号法廷。

傍聴席にはリンさんの支援者たちの姿も数多く見られた。

リンさんは熊本地検から死体遺棄罪(刑法190条)の容疑で起訴され、無罪を主張している。

孤立出産で死産した双子の遺体を「遺棄した」と言われているが、彼女自身はそんなことはしていない、「捨てていない」と言っているのが現状だ。

蓮田院長は弁護側からの依頼を引き受け、熊本地裁に対して意見書(本件事件における母体の状態と孤立出産下における期待可能性)を提出した。

そうして第一回公判後の会見にも出席し、自らの見解を示すことになった。

経緯の要点を記す。

リンさんは2018年8月にベトナムから来日した技能実習生で、熊本県南部のみかん農園で手取り12万円ほどの月給で働いていた。

2020年11月15日の午前中に自室で孤立出産をしたが、8~9ヶ月の早産だったと推定され、双子ともに死産だった。

彼女が雇い主など誰にも妊娠を打ち明けられなかったことの背景には、そうすることで実習を一方的に中断され、帰国を迫られることへの恐怖があった。

当日の痛みは激しく、多くの出血があり、身体的な衰弱のみならず死産の精神的なショックまでもが加わる形となった。

一般的に双子の出産はハイリスクだと言われるが、リンさんの場合はさらに初産で、かつ孤立出産という要因も重なっていた。

その恐怖と混乱、心身の疲弊の中で、リンさんは部屋にあった段ボール箱の底に白いタオルを敷き、双子の遺体を入れ、青いタオルを上からかけ、その箱を部屋の棚の上に置いた。

そして、布団に横たわりながら双子の名前を考え、手元にあったノートにピンクのペンで二人の名前と産まれた日付、かれらにごめんねと謝る気持ちや安らかにという祈りの言葉などを書き込み、箱の中に入れた。

【竹中平蔵】パソナ、前期経常を16%上方修正 増益率が0.2%増→42.5%増 175億円→203億円 [かわる] 【竹中平蔵】パソナ、前期経常を16%上方修正 増益率が0.2%増→42.5%増 175億円→203億円 [かわる](210)