大分県別府市のホテルの浴場で、40代女性を盗撮したとして、30代の男女2人が逮捕されたことが判明。

その手口に怒りの声が相次いでいる。

 警察によると、2人は28日午後8時頃、別府市内のホテルに設置された入浴施設を訪れる。

そして、女がスマートフォンを持ち込み女性風呂に入り、中にいた40代女性を盗撮。

異変に気がついた女性が警察に通報し、女は県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。

 >>「彼氏に言われてやった」28歳高校教師の女、女風呂を盗撮したとして逮捕<<???  女性が女性を盗撮するという事件だが、これには黒幕がいた。

女は交際相手の30代男性の指示を受けていたというのだ。

動画撮影の目的などはわかっていないが、販売目的だった可能性も否定しきれない状況と見られる。

今後、警察の捜査で、動機や撮影の目的などが明らかになっていくことだろう。

男も県迷惑防止条例違反で逮捕された。

 交際相手の指示を受けて盗撮をした女に、「カップルや夫婦、家族で犯罪をするなんておぞましいの一言。抑止しようと思わなかったのか」「カップルだけではなく依頼されて金欲しさに盗撮する女性もいると聞く。女しかいないからといって、安心するのは危険」  また、スーパー銭湯ユーザーからは「撮影禁止と言いながら、若者が平気でスマートフォンを持ち込み脱衣所を撮影している姿を見る。あれでは抑止にならない」「スマートフォンの持ち込みを禁止するべきだけど、実際問題インスタ映えとか言って撮りたい人間ばかりだから、なかなかできない」「今後もこういう犯罪って減らないと思う。業界全体で対策が必要」などと警鐘を鳴らす声が上がっていた。

2021年6月30日 23時0分