京都大学などは東京オリンピックの影響がなかったとしても東京の新型コロナウイルスの新規感染者が7月には一日1000人を超えて2000人程度まで増える恐れがあるという試算をまとめました。

 京大などが出したシミュレーションは厚生労働省で開かれた専門家会議で発表されました。

 それによりますと、今後、インド型変異ウイルスの影響が小さく、東京オリンピックの影響がなかったとしても東京都の新規感染者は7月中に1000人を超えて2000人程度まで増える恐れがあるということです。

 より強い対策を取らなければ8月中旬ごろまでに爆発的に増える恐れがあるとしています。

 一方、国立感染症研究所は東京都の患者に占める高齢者の割合が去年の秋以降で最も低い水準となっていることについて「ワクチン接種の効果が示唆される」と分析しました。