警察官などをかたり、能登地方に住む70代の女性から現金5800万円余りを受け取ったとして、警察は大阪に住む男を詐欺の疑いで再逮捕しました。

再逮捕されたのは大阪・堺市の無職・福重孝浩容疑者45歳です。

福重容疑者は仲間とともに、去年2月から5月ごろにかけて、鳳珠郡に住む70代の女性に警察官などを名乗って電話をかけ、「逮捕を免れるためには現金が必要だ」などとうそを言い、7回にわたって現金合わせて5850万円を受け取った疑いがもたれています。

警察によりますと、県内の特殊詐欺事件で警察が検挙した被害額としては、過去2番目に多いということです。

福重容疑者は今月、別の詐欺事件で逮捕・起訴されていて、警察が関連を捜査していました。

福重容疑者は調べに対し容疑を認めているということで、警察は、余罪や共犯者がいないか調べを進めています。