また、DNAサンプルを用いて、イノシシが農場から逃げ出した家畜のブタと交配していることも発見した。

現在では原発周辺地域に野生の「ブタとイノシシの雑種」が生息している。

「放射能による遺伝子への影響はない一方で、家畜のブタが遺伝子に影響を及ぼしている」と、アンダーソン氏は説明する。

福島第一原発での大惨事は、日本を襲った観測史上最大規模の地震が引き起こした。

巨大津波が防波堤を越えて原子炉に押し寄せた。

その後、チェルノブイリ原発事故の立ち入り禁止区域のように、原発の周辺地域から住民が避難した。

英学術誌Proceedings Bに掲載された研究結果は、原発事故がもたらした広大な実験的環境における、生物の現状を示すものとなっている。

科学者たちはDNAを用いて、この事故が同地域に残した遺産を追跡。

人間が突然いなくなったのと同時に家畜が侵入した、放射性物質に汚染された地域で、野生生物にどんなことが起きるのかを突き止めた。

野生のイノシシと、農場から逃げ出した家畜のブタのDNAを調べたところ、イノシシの遺伝子には研究者が「生物学的侵入」と呼ぶものが見られた。

さらに、家畜のブタの遺伝子が時間の経過とともに徐々に「薄まって」いくことも明らかになった。

「ブタは野生では生き延びることができないが、イノシシはかなりたくましいため、荒廃した町で繁殖したと考えている」と、アンダーソン氏は述べた。

つまり、人間が避難していなくなった地域で雑種形成(交配)が起こり、そうして生まれた雑種のブタが野生のイノシシと交配していくのだという。

福島大学環境放射能研究所の兼子伸吾准教授は、こうした侵入的遺伝子は消えつつあり、自然な状態に戻っていくとしている。

2018年以降、住民が避難していた福島のいくつかの地域に人が戻り始めている。

「こうした野生のイノシシにとって、唯一の捕食者は人間だ」とアンダーソン氏は言う。

「なので、人間が戻ってきたときにイノシシがどうするのか非常に興味深い」