「抗体の評価は難しい課題であり、さまざまな科学的なレベルや複雑な研究結果が必要とされる。(商業的研究所で実施される)『通常の検査』での特定の抗体の存在は、大抵はそれらが中和性の抗体であるかを、つまり、ウイルスを抑制できるのかを示してはおらず、そのためWHOはこの種の検査を推奨していない」と語った。

同氏は、「一般的にWHOは個人および集団免疫を達成する最良の方法としてワクチン接種を推奨している」と強調した。