6月30日、バイデン米大統領は、駐ドイツ大使にペンシルベニア大学の学長を務めるエイミー・ガットマン氏(写真)を指名する方針。

ペンシルベニア大で開かれたイベントで2016年1月撮影(2021年 ロイター/Mark Makela) (ロイター) 米、駐独大使にペンシルベニア大学長のガットマン氏指名へ [ベルリン 30日 ロイター] – バイデン米大統領は、駐ドイツ大使にペンシルベニア大学の学長を務めるエイミー・ガットマン氏(71)を指名する方針。

関係筋が30日明らかにした。

議会で承認されれば女性として初の駐独大使となる。

独誌シュピーゲルは、ガットマン氏の父親はナチスドイツから逃れてきたと報じた。