幼い子どもを含む妻子6人を殺害し、放火した罪に問われている男。

勾留中に記憶喪失になったと主張する男に対し、検察側は死刑を求刑。

それぞれの主張が真っ向から対立する中、注目の判決が30日午後、言い渡された。

2017年、茨城・日立市で、妻と5人の子どもを殺害し、自宅に火を付けたとして、殺人などの罪に問われている小松博文被告(36)。

検察側は、「強固な殺意に基づく冷酷、執拗(しつよう)かつ残虐極まりない殺害方法で、大変悪質だ」として死刑を求刑した。

対する小松被告側は…。

小松博文被告「倒れてから記憶がないので、わからないとしか言えないです」 勾留中に倒れ、記憶喪失になったとして公判の停止を求めたうえで、事件当時も心神喪失状態だったなどと無罪を主張している。

30日午後3時から、水戸地裁で開かれた判決公判。

小松被告は、青いシャツにマスク・眼鏡姿で出廷。

裁判長は、主文を後回しにしたうえで、「被告人を死刑に処す」と言い渡した。

判決にも、静かに座って聞いていた小松被告。

裁判長は判決で、「被告は意思疎通が十分可能で、記憶を失っていることには左右されない」とし、「自らの犯行の違法性、重大性を十分理解し、それに応じた振る舞いをしており、殺意があったことは明白」と指摘。

そのうえで、「刑事責任は極めて重大で、死刑を回避すべき事情を見いだすことはできない」として、求刑どおり死刑を言い渡した。

6/30(水) 17:33 FNN