メーテレ6/30(水) 17:33 名古屋市西区の中学校に侵入し、リコーダーを盗んだとして逮捕されていた男が、19歳の女子大学生に対し、ストーカー行為をしたとして再逮捕されました。

女子大学生は中学生のころ、リコーダーを盗まれる被害にあっていました。

ストーカー行為規制法違反の疑いで再逮捕されたのは、大竹史紘容疑者(39)です。

警察によりますと、大竹容疑者は2019年10月西区に住む女子大学生(19)のブログに2回に渡り「お部屋の大掃除ははかどりましたか?卒アル見ちゃうよな。懐かしいものも出てきましたか?笛とか。2本あるはずなのに無いとか?また聞かせてねぇ!」などとメッセージを投稿し、ストーカー行為をした疑いがもたれています。

5月、女子大学生が、自身のブログに中学生当時に盗まれたリコーダーに関する書き込みが続いているなどと警察に相談したことから事件が発覚しました。

大竹容疑者は、2018年に西区内の中学校に侵入し、別の女子生徒のリコーダーなどを盗んだとして9日に逮捕されていて、警察が自宅を家宅捜索したところ、女子大学生の名前が書かれたリコーダーなどを発見し押収したということです。

警察の調べに対し、大竹容疑者は「コメントは書きましたが、明確な恋愛感情、恨みや憎しみの感情でやったわけではありません」と容疑を否認しています。

大竹容疑者は、女子大学生と面識はなかったとみられ、警察は盗んだリコーダーから女子大学生の名前を検索するなどしてブログを特定し、投稿を繰り返したとみて調べています。