新幹線の公衆電話サービスが30日を最後に終了することになり、ツイッターなどSNSでもサービス終了を惜しむ投稿が殺到した。

 「電話機さん、長年お疲れ様でした」「サラリーマン時代、ずいぶんお世話になったなぁ」といったねぎらいの声のほか、新幹線の不通で車中泊を経験したという投稿者は「携帯の充電が切れて、公衆電話さんにお世話になりました。本当に助かった思い出…」と思い出話に花を咲かせた。

 公衆電話サービス終了の記事で、すでに文字ニュースのサービスが終了していたことを知った人もいたようで「時代ですね」とつづる投稿もあった。

 新幹線の公衆電話サービスは東海道新幹線が開業として翌年の1965年にスタートしたが、携帯電話の普及で利用者が減少。

30日で56年の歴史に幕を下ろす。

6/30(水) 18:00 中日スポーツ 写真