茨城県日立市田尻町の県営アパートで2017年10月、妻子6人を殺害し建物に火を付けたとして、殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた無職、小松博文被告(36)の裁判員裁判判決公判が30日、水戸地裁で開かれ、結城剛行裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。

裁判員裁判が導入されて以降、同地裁で初の死刑判決となった。

判決などによると、小松被告は17年10月6日午前4時40分ごろ、自宅和室で、妻の恵さんのほか、当時11~3歳の子ども5人を包丁で刺した後、玄関付近にガソリンをまいて放火し、殺害した。

公判で弁護側は、事件当時の記憶を失っているため、被告は訴訟能力がないとして公訴棄却を主張。

公訴棄却しない場合でも、事件当時はうつ病などの影響で心神喪失か心神耗弱状態だったとして、無罪または減刑を求めていた。