米連邦住宅金融庁(FHFA)が29日発表した4月の全米住宅価格指数(季節調整済み)は前月比で1.8%、 前年同月比で15.7%上昇した。

いずれも統計のある1991年以降最高の伸び率で、過熱する住宅市場への警戒感が高まっている。

S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが同日発表した4月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(全米)も、 前年同月比で14.6%上昇した。