東京・杉並区のレストランで68歳の塾講師の男が、教え子の10代の少女の太ももを触ったなどとして 逮捕されました。

男は「キレイな脚を見るとわくわくする」などと供述しているということです。

警視庁によりますと、逮捕された塾講師の鈴木紳一郎容疑者は今月、杉並区のレストランで 教え子の10代の少女の太ももを触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれています。

鈴木容疑者は試験対策を装って少女を店に呼び出していて、隣に座らせるとスカートの中に 手を入れて太ももを触るなどした上、その様子を撮影したということです。

少女が親に相談し事件が発覚したもので、調べに対し、鈴木容疑者は容疑を認め、 「キレイな脚を見るとわくわくする」などと供述しているということです。