新型コロナウイルスに感染し、療養先だった大阪市北区のホテルから行方不明になった20代男性について、大阪府警が30日、大阪市内で身柄を確保し、覚醒剤取締法違反(共同所持)の疑いで逮捕したことが、捜査関係者への取材で判明した。

男性は18日に同容疑で逮捕された後に釈放されたが、22日から姿を消したため、府警が全国に指名手配して行方を追っていた。

 府警によると、東署が18日、別の事件で大阪市内の民泊施設を家宅捜索した際、覚醒剤を隠し持っていたとして、施設内にいた男性を含む男女4人を覚醒剤取締法違反容疑で現行犯逮捕した。

直後に男性の感染が判明。

東署は男性の健康状態や捜査状況を踏まえ全員を釈放し、任意捜査に切り替えた。

 男性は身元引受人に引き渡され、大阪市北区のホテルの6階一室で療養を開始。

しかし、22日朝から姿を消した。

室内の窓のレバーがこじ開けられており、府警は建物外側の足場を伝って立ち去ったとみて調べている。

【山田毅】 毎日新聞