最悪のケースだ。

複数の新型コロナウイルス陽性者が確認されたため、東京五輪7人制ラグビー最終予選 (18~20日、モナコ)を棄権したウガンダ選手団から選手1人が失踪し、波紋を広げている。

ウガンダ選手団は12日にモナコ入り。

入国時の空港検査で複数のコロナ感染者が確認され、 その後の追加検査で他選手からも陽性反応が出たり、濃厚接触者と認定されたため、大会規定により棄権となった。

しかし、ウガンダラグビー連合は24日、「ウガンダ選手が連絡もなくチームを離れた件について」との声明を発表。

参加選手は空港検査を終え入国後、3日間は隔離ホテルに滞在し、その後ホテルの外でもう一度、コロナ検査を行う規定。

16日にモナコ入りしたジェームズ・オドンゴ選手は19日の再検査の場に来ず、隔離先のホテルからも姿を消していたという。

ケニア「シチズン・ニュース」によれば、オドンゴ選手はコロナ陽性者に代わる追加招集者のため、遅れてのモナコ入りだったという。

ウガンダラグビー連合は「我々は規律を非常に重んじており、それに応じて問題を処理する」と、 モナコ治安当局などと協力して対応するとしている。

ウガンダといえば、東京五輪の事前合宿のため来日した選手団で、2人のコロナ陽性者が確認されたばかり。

もし、オドンゴ選手も空港検査をすり抜けていたとしたら…。

日本政府は厳格な水際対策を採る姿勢を見せているが、 入国後も気を抜くことは許されなそうだ。