過度の疲労で6月22日から入院し、静養していた東京都の小池知事が退院したことがわかった。

小池知事は過度の疲労のため、6月22日から都内の病院に入院し、発熱が続き、点滴を打つなどしていた。

関係者によると、体調が回復してきたことから、30日朝に退院したという。