重度の気分落ち込みある人らワクチン忌避割合高い 国立精神・神経医療研究センターが研究成果公表 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)はこのほど、NCNPトランスレーショナル・メディカルセンターの大久保亮室長らの研究グループが、 新型コロナウイルスワクチンに関する大規模なインターネット調査を実施し、「ワクチン忌避者は全体で11.3%であった」などの知見を明らかにしたと発表した。

この研究の成果は、国際医学雑誌「Vaccines」オンライン版に掲載された。

大久保室長、福島県立医科大臨床研究イノベーションセンターの吉岡貴史助教、大阪市立大大学院公衆衛生学の大藤さとこ准教授、 聖路加国際病院の松尾貴公医師、大阪国際がん研究センターの田淵貴大副部長らの研究グループは、 新型コロナウイルスワクチンに関して「ワクチンを打ちたくない」と答えた人(ワクチン忌避者)の割合と、 関連する要因を明らかにするために、2月に全都道府県から2万6000人が参加するインターネット調査を実施した。

調査の結果、ワクチン忌避者の割合に関しては、若年女性(15.6%)から高齢男性(4.8%)まで、 年齢・性別で大きなばらつきがあったことが判明。

ワクチン忌避の理由として、約7割の人が「副反応の心配」、約2割の人が「効果があると思わないこと」を挙げていた。

また、▽1人暮らし▽100万円未満の所得水準 (100万円以上600万円未満が基準)▽政府、コロナ政策への不信感がある人 ▽重度の気分の落ち込みがある人-などについては、「ワクチン忌避者の割合が高かった」と説明している。