アラブ首長国連邦(UAE)を構成するアブダビ首長国は8月20日から、 新型コロナウイルスのワクチンを接種していない場合は学校やショッピングモールなどの公共スペースに入ることを禁じると発表した。

世界でも極めて厳しい感染防止策が導入できるのは、強力なリーダーが統治する権威主義体制が背景にある。

対象にはレストランやカフェ、ジム、博物館、テーマパーク、教育機関などが含まれるが生活必需品を扱うスーパーや薬局は除外する。

事実上の「強制」で接種率を引き上げるねらいとみられる。

15歳以下の子供や妊婦、病気などでワクチンが接種できない場合は例外扱いになる。

運用には、ワクチン接種や検査、接触追跡などに使われる公式アプリが用いられる見通し。

UAEはイスラエルとならび世界最速でワクチン接種を進めた国だ。

アブダビでは「目標グループ」の9割以上で接種が終わったという。