6月29日は3月期決算企業の株主総会の集中開催日だった。

2020年度末の個人単元株主数が30万人以上の27社(3月期決算以外も含む)の動向を点検したが、どこもリアル総会への来場を控えるように呼びかけながら、オンラインで質疑に参加したり、賛否を表明したりできる態勢で臨んだのはイオン1社だけだった。

個人株主数が多い銘柄の顔ぶれも大変わりした。

みずほフィナンシャルグループ(FG)は個人単元株主を27万6000人も失った。

みずほFG…(以下有料版で,残り2104文字) 日本経済新聞 2021年6月30日 2:00 (2021年6月30日 5:15更新)