千葉県八街市で下校中の小学生の列にトラックが突っ込み、市立朝陽小の児童5人が死傷した事故で、 同小PTAなどが2014年度に、現場の市道にガードレールを設置するよう市に要望していたことが30日、 市への取材で分かった。

以前から交通量が多く危険性が指摘されていたが、幹線道路ではないため整備が後回しになっていたという。

同市では16年11月にも、国道を走っていたトラックが登校中だった朝陽小児童の列に突っ込み、 4人が重軽傷を負う事故が起きている。

市によると、14年度の要望は近隣中学校PTAとの連名で行われた。

市担当者は取材に対し、 「歩道と車道を分離してほしいということだったと思う」と説明。

ただ、実際の整備は交通量の多い 幹線道路から行われており、現場の市道は見通しも立っていなかった。

路側帯を示す白線もないため、 担当者は「早急に引きたい」と話した。