香港政府は28日、英国からの民間旅客機の香港への着陸を7月1日午前0時から禁止すると発表した。

英国で感染力の強い新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」の感染が急拡大していることを受け、 同国からの入境禁止によって流入阻止を図る。

政府は同日から、英国を新型コロナウイルスの感染リスク分類を現行の「非常に高い(A2)」から、 最も高い「極めて高い(A1)」に引き上げる。

香港で航空機を乗り継ぐトランジット客も含め、英国に2時間以上滞在した人の入境を制限する。