加藤官房長官、香港・りんご日報休刊に「重大な懸念」 毎日新聞2021/6/24 12:42 加藤勝信官房長官  加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、香港の民主派紙「蘋果(ひんか)(りんご)日報」が発行停止を発表したことについて「香港がこれまで享受してきた民主的安定的な発展の基礎となる、言論の自由や報道の自由を大きく後退させるもので、重大な懸念を強めている」と述べた。

 加藤氏は「中国・香港当局に対し、香港基本法に規定されている言論および報道の自由が保護されるよう求めるとともに、国際社会と緊密に連携し、中国側に強く働きかけを行っていく」と語った。

【加藤明子】  ↓ 「報道の自由、免罪符でない」 中国が香港対応を正当化 朝日北京=高田正幸2021/6/24 21:14 中国外務省の趙立堅副報道局長=2020年2月、高田正幸撮影  中国への厳しい論調で知られる香港の日刊紙「リンゴ日報」の廃刊をめぐり、中国外務省の趙立堅副報道局長は24日の定例会見で「香港は法治社会だ。報道の自由は免罪符ではない」と語った。

同紙創業者らの逮捕や会社の資産凍結で同紙を廃刊に追い込んだ、香港当局の対応を正当化した形だ。

 趙氏の発言は、加藤勝信官房長官が同日の会見で同紙の廃刊について「重大な懸念を強めている」と述べたことに関する質問に答えたもの。

趙氏は加藤氏の発言について「でたらめな理屈は絶対に受け入れない」などとして、「日本の政治家が公然と中国内政に干渉することに対し、強烈な不満と断固とした反対を表明する」と語った。

(北京=高田正幸) ーーー 「報道の自由は口実にならず」 在日中国大使館が談話 朝日 山根祐作 2021/6/28 9:00 在日中国大使館報道官の談話=同大使館のホームページから  民主派支持の香港紙「リンゴ日報」が廃刊に追い込まれたことをめぐり、在日中国大使館報道官は27日、談話を発表し、「報道の自由は、違法行為の口実にはならず、中国に反対し香港を乱す活動を保護する傘でもない」とした。

創業者黎智英(ジミー・ライ)氏の逮捕や資産凍結など同紙に対する香港当局の対応を正当化したものだ。

 報道官の談話は、加藤勝信官房長官が24日の会見で同紙の廃刊について「重大な懸念を強めている」と述べたことなどに関する質問に答える形で発表された。

加藤氏の発言について、「中国の内政に干渉し、国際法と国際関係の基本原則に反する」と指摘し、「強烈な不満と断固とした反対を表明し、すでに日本側に厳正な交渉を申し出た」とした。

(山根祐作)  ↓ 加藤氏「言論の自由に重大懸念」 元香港紙主筆逮捕 産経2021/6/28 12:53 会見に臨む加藤勝信官房長官=28日午前、首相官邸(春名中撮影) 加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、休刊した香港紙、蘋果日報(アップルデイリー)の主筆兼英語版編集長だった馮偉光氏が香港当局に逮捕されたことを非難した。

「言論の自由や報道の自由を後退させるものであり、重大な懸念を強めている」と述べた。

中国や香港当局に対して「香港基本法に規定されている言論の自由が保護されるよう、引き続き働き掛けを強く行っていく」と強調した。

関連 【速報】 バイデン大統領、声明発表 「中国は香港紙アップルデイリーへの脅迫や逮捕をやめよ」 【速報】 バイデン大統領、声明発表 「中国は香港紙アップルデイリーへの脅迫や逮捕をやめよ」 [お断り](239) 【速報】香港・りんご日報の元主筆が逮捕される 英国行き航空機に搭乗直前 【速報】香港・りんご日報の元主筆が逮捕される 英国行き航空機に搭乗直前 [豆次郎](993) 【香港】世耕弘成幹事長「言論の自由は絶対的に担保を」… 【香港】世耕弘成幹事長「言論の自由は絶対的に担保を」… [BFU](79)